SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

知ればマタタビ!行けよ猫道(ネコミチ)!

知れば人生やみつき!(=マタタビ)。我らが愛して止まない猫道とはコレ如何に!?
<< 出演!キャンドルナイト(27日まで固定) | main | 霊山寺、薔薇 >>
ありがとうございました☆
0



    昨日、キャンドルナイトに
    お越し下ったみなさま

    本当にありがとうございました。

    おかげさまで
    予想以上の方にお越し頂き
    スタッフ一同感激していました。

    各回、たった20分というのに

    涙を流してくださった方

    じっと目をつぶり
    言葉に聞き入ろうとして
    くださっていた方

    私が言葉を発する度に
    深く頷いてくださる方

    まさに、
    キャンドルのように
    温かいお客様のおかげで

    素敵な夕べになりました。


    いつもは、

    皆さんが待ち合わせされたり
    テラスでお茶などをされる
    大きなフロアで

    しかもビジネス街
    お忙しい方が沢山通るのですから

    どこまで
    皆さんの心に
    私の言葉を届けられるのかと
    ドキドキしていたのですが、

    始まってから
    誰一人立たれることもなく

    むしろ始まってから
    どんどんと人が集まってください
    ました。

    あ、言っておきますね。

    それは、おそらく

    わたなべゆうさんのギターが
    周りの方をひきつけたのです。
    (本当に心に沁みます。)


    そんな様子に、
    ヒルトンプラザの方々も
    大変感動してくださり

    「毎回、泣いてしまいました。」
    と言ってくださったり

    本キャンドルナイトの
    プロデューサーが

    「次は、プレイベントじゃなくて
     本イベントで、ミュージシャンに
     混じってやろう」

    と言ってくださった事が
    本当に嬉しかった。

    本企画に誘ってくださり
    リハから、ずっとつきあってくださった
    K村さん、
    本当にありがとうございました。

    本番では
    「なんか、回重ねる度に完成度高く
    なってないか?」
     
    と言って頂けたのですが

    それは、だんだん夕暮れになり
    キャンドルの灯が
    なんとも幻想的だったこと

    お客様やスタッフの皆さんが
    温かかったので

    私が少し成長させて頂けた
    だけでございます。

    ★★★

    まとめますと、

    今回は、

    朗読とは名ばかりの(笑)
    ほとんど全部覚えていましたので

    しかも、物語ではなく

    歌詞や詩だったので

    そのセリフが(もはやセリフ、笑)
    少しでも噛んだら
    その世界が台無しになってしまうこと。


    さらには!

    わたなべゆうさんのギターと
    合わせていたので

    確実に「ココ!」という所で
    終わらないと

    とーってもカッコ悪くなってしまうので

    自分に酔って
    言葉を遅らせたりもできず(笑)

    「言葉や間で失敗できない。」

    という

    いつもとは違う挑戦をさせて頂きました。


    最後にもう1個!

    ラストを、笑いや毒にすりかえては
    いけない


    という、大きな壁にも立ち向かい(笑)


    結果、思ったことは

    言葉を信じてきて
    良かったなあ

    という事でした。

    時には、

    自分の言葉も、人の言葉も
    信じられなくなってみたり


    「音楽では全て伝わるだろうに。」
    と、やっかんでみたりしたけれど


    わたなべゆうさんの
    ギターの世界に
    身を委ねながら


    言葉だけを頼りに
    ステージに立ち

    言葉にならない
    あのキャンドルの火のような
    優しい空気感に包まれたこと


    本当に、嬉しかったです。

    私の家族のような仲間達も
    応援にかけつけてくれて

    嬉しい再会もあったりと

    しあわせでした。


    何度、繰り返しても
    その言葉の深さに
    心が震える
    歌詞や詩に出会えて
    何度も救われました。


    まだまだ
    この道は続きます。

    そして、今日は満月。

    私は今日もここから

    同じ、月を見ている。



    | 猫(ねこ)り言 | 12:57 | - | - | - | - |