SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

知ればマタタビ!行けよ猫道(ネコミチ)!

知れば人生やみつき!(=マタタビ)。我らが愛して止まない猫道とはコレ如何に!?
<< いまから | main | 出演!キャンドルナイト(27日まで固定) >>
キャンドルナイト考
0


    先日、キャンドルナイト主催の方から

    「当日はステージの周りに
     キャンドルを並べます。」

    と言って頂き、

    「うわ〜幻想的で素敵ですね〜!」

    とお返事しましたら

    「暑い・・・と思いますよ♪。」

    と言われましたので

    スタジオで、冷房を止めて
    ずっと練習をしていました。

    軽いホットヨガ状態となり

    そんな中で詩を読んだり、
    愛について考えたりしていると

    悟りを開けそうな、
    瞑想の境地にまで
    たどり着けそうです。

    さて、色々振り返りたいことは
    ありつつも

    まずは、
    目前のキャンドルナイトについて。


    今回は、自分の脚本ではなく
    映画「rose」の歌詞や
    斉藤和義さんの
    「歌うたいのバラッド」を
    セリフとして

    わたなべゆうさんのギターによる
    曲の演奏とともに

    お届けします。


    正直、本日に至るまで
    (今もまだまだですが)


    普段とは違う、
    心の筋肉を使って
    1曲終わるたびに
    ヘロッヘロになってしまいます。


    だって

    日常で
    「愛してる」って
    連呼しないもん!


    もし、言うとしたら

    それはもう


    とっても
    心の準備をしたり

    映画のような
    ロマンチックな状況だったり


    するワケじゃないですか。


    サラリと言える
    素敵な方もいらっしゃいますけれどね。


    私の場合は、
    愛すれば愛するほど

    ほら、
    イジワルしたくなっちゃいますから。
    (何がほら、なのか・・・)



    しかも、メロディの乗せるのであれば
    気持ちも乗っていくので
    言いやすいのですが

    そうもいきません。


    何度も歌詞を読み、

    「rose」の場合は
    映画も見直して
    英訳も読み直し

    英語で歌ってみて
    日本語で歌ってみて


    その世界観に入り込んだ上で

    自分の世界をカタチづくる
    という行程が必要で

    今まで持ったことのない
    バーベルを

    心が持ち上げたり
    下ろしたりしているような

    そんな気持ちです。


    ですので、
    ヘトヘトにはなるのですが

    やっぱり大好きなお仕事なので
    心がダンスしています。


    物語とは違って
    いきなりクライマックスを見せる
    といったような

    歌詞の世界なのですが


    わたなべゆうさんが
    誰の心にも寄り添うような
    ハートに響くメロディを
    奏でてくださるので


    いつも救われています。


    いつもはお互い

    たった一人でステージに立ち


    私は、
    「歌にしてしまえば
     一気に伝えられるのに。」

    というジレンマを抱えていたり

    ゆうさんは
    「言葉があれば・・・」

    とお互い、
    無いものねだりをしながらも

    自身の世界を大事にしてきて

    そんな2人が

    今回は同じステージに立つなんて

    なんだか不思議で、おもしろい。

    各回、たったの20分だけれど


    皆さんにとって

    私たちにとって


    ずーっと心に残る、
    そんなひとときに出来ればと
    思っています。

    写真は、バレエのお店で見つけた
    アップリケシール。
    携帯に貼っても可愛いそうです☆








    | 猫(ねこ)り言 | 14:43 | - | - | - | - |