SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

知ればマタタビ!行けよ猫道(ネコミチ)!

知れば人生やみつき!(=マタタビ)。我らが愛して止まない猫道とはコレ如何に!?
<< 長生きの秘訣 | main | 悼むという行為 >>
ずっと気になっていたマナー
0


    秋ですね、美食の秋ですね。

    食欲の秋ではなく、美食の秋と
    気取ってみたい今日このごろです。


    仲の良いお友達とワイワイ言いながら
    おいしいお料理を頂くのが

    一番楽しかったりするけれど


    時にはパーティにお呼ばれしたり

    ちょっぴりお洒落して
    素敵なレストランでお食事なんて
    こともあります。


    私は、以前からずっと疑問に思っていた
    ことがあります。


    それは、日常での食事でもそうなのですが

    お食事中、お箸(スプーン)を持っていない
    片方の手をどこへ置くべきか?


    たとえば、

    私は右手でお箸を持つのですが

    それでは、左手をどうしたらよいのか?


    私はテーブルに軽く添えるようにしています。

    肘をついて食べるのはお行儀が悪いことは
    知っています。


    でも中には、左手を膝の上において
    召し上がる方もいらっしゃって


    その方は、
    「以前テーブルに手を置いていたら
    手は膝の上にしまいなさい。」と

    叱られたことがあるので

    とおっしゃっていました。


    うーん…


    私は好みとしては、片方の手を
    テーブルに置いて召し上がっている方
    の方が好きです。


    でも、マナーって
    基本的には”相手に不快な思いをさせない”という
    為のものだけれど


    時として、暗黙のルール的なものがあり
    それはお勉強していないと
    わからないことだったりします。


    なので、ひょっとして私が間違っているのかも
    と思っていたところ…


    私がとってもお世話になっている
    マダム由美子先生が、この度

    「『ローマの休日』DVDで学ぶ
    オードリー・ヘップバーンの気品ある美しさ」


    という本を出され、

    その中に、


    食事の際、スプーンを持たない方の手は
    軽くテーブルの上に乗せて。

    と書かれていました。


    ほっ、よかった。


    これは女性に限らず、男性も同じだそうです。


    かつて、フランスでまだ戦争があった時代


    色んな人々が集まって食事をする際には

    「私は武器を隠してませんよ。」

    といった意味でも

    両手が見えるようにしておく

    というマナーがあったそうなんです。


    今は、そんな戦国時代ではないので
    必要ないのかも知れないけれど


    やはり片方の手が見えないって
    私はなんだか不安なのよね。

    って、かってに私が戦闘モードなのかしら?


    ともかく、そんなこんなで

    若い頃は許されていた

    奔放なふるまいも

    だんだんと通用しなくなり・・・・。


    そして、最近は

    お顔がどうの、スタイルがどうの

    というよりも立ち居振る舞いの美しい方に
    惹かれるようになった私は

    マダム由美子先生の生徒になりました。

    まだまだ幼稚園生並ですが…。


    そこで、そんな私が僭越ながら

    マダム由美子先生のビューティサロンの第二部に
    出演させて頂くことになりました。

    日常に役立つ、様々な動き方を
    教えてくださいますので

    女性はぜひぜひです。

    素敵な歩き方や、手の使い方は
    宝石をつけるよりも
    ずっと輝いてると思うのです。


    当日受付でも大丈夫かと思いますので
    よかったらいらしてくださいね。



    ●mic ホテル ラ・スイート神戸

    ホテルトークショーに出演させて頂きます!

    マダム由美子のエレガンス・ビューティーセミナー
                      &トークショー

    私がかねてからお世話になっている、
    エレガシスト・マダム由美子先生と

    今、”女性が最も泊まりたいホテル”として話題の
    ホテル・ラ・スイートにてトークショーをさせて
    頂くことになりました!



    ”和製オードリー”とも呼ばれたマダム由美子先生が
    映画「ローマの休日」の映画を通して、

    オードリーが、なぜあのように魅力的に見えるのか
    ふとしたしぐさや、立ち居振る舞いを
    具体的にレクチャーしてくださいます。

    その後、ホテル・ラ・スイート特製の
    秋のビュッフェが頂けます!

    その際には、パーティの際の美しい所作も教えて
    頂くことができるだけなく
    もちろん、お酒・お料理もお楽しみいただけます!
    この度、micのHPを見たとおっしゃって
    くだされば、

    特別価格:10000円→8000円にさせて
    頂きます!


    micは、2部に出演させて頂きます。



    ★オードリー・ヘップバーンのキュートな秘密を知りたい!

    ★クリスマス前に、歩き方やパーティでの美しい所作を身に着けたい!

    ★ホテル・ラ・スイート神戸を覗いてみたい。

    ★パーティに集まった方々と楽しくおしゃべりしたい。

    という方は、ぜひいらしてくださいませ。



    ● マダム由美子先生 プロフィールはこちら
    http://madame-yumiko.com/


    最近のご活動:


    ★フジテレビ 「あっぱれサンマ新教授出演」
    (中越典子さんにハイヒールの履き方伝授)

    ★テレビ東京「火曜エンターテイメント」美の女神として出演

    ★NHKドラマ「派遣のオスカル(田中麗奈さん主演)」にて所作指導



    【ご著書】
    ★「プリマ・エレガンス」の魔法(講談社)

    ★「ハイヒール・マジック」(講談社)

    ★『ローマの休日』DVDで学ぶ
      オードリー・ヘップバーンの気品ある美しさ

    (総合法令出版)


    日時:2009年10月30日(金)

    【トークショー&パーティー】←こちらが2部です!

    [定員]50名様限定

    [時間]19:00 受付 / 19:30 トークショー

    20:30 立食パーティー(21:30 終了予定)

    [料金] ¥10,000(料理・ドリンク含む)

    [場所]トークショー… 3階宴会場「プレジール」
    立食パーティー 3階宴会場「フローラ」



    【特典】

    参加者皆様へスパ・エステ50%割引特別優待券をプレゼント。

    特別優待ご宿泊プランをご用意。

    ※詳細は



    http://www.l-s.jp/news/popup/events_090817f.html

    [ 予約・お問い合わせ ]

    TEL : 078-371-1111

    FAX : 078-371-1110
    | お知らせ&ご報告 | 17:07 | - | - | - | - |