SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

知ればマタタビ!行けよ猫道(ネコミチ)!

知れば人生やみつき!(=マタタビ)。我らが愛して止まない猫道とはコレ如何に!?
<< ミヒャエル・ハネケ監督とシャンプー | main | 塩キャラメルシューケーキ >>
「重力ピエロ」舞台挨拶
0

    先週末に「重力ピエロ」が公開になりましたね。
    沢山のお客様がご覧になっているようです。

    今月の頭には、本作の舞台挨拶があり
    なんばパークスの野外ステージで

    加瀬亮・岡田将生・吉高由里子さんらと
    楽しいトークをさせて頂きました。

    集まった数は、1000人以上。

    国内ではドリカム以来のお客様の数だったそうで
    お三方をお呼びした瞬間、

    1000人の女の子達(5人くらいの男子も)が
    きゃ〜〜〜〜!!!!!!!!

    と黄色い大歓声。

    自分がジャニーズ事務所のメンバーに
    なったのかと思いました。(違うから)

    岡田さんとは、以前にも「天然コケッコー」で
    ご一緒したので

    「僕、その時よりは喋れるようになって
    ますから!」と自信ありげなお顔。

    その通り、自分の言葉で一生懸命
    お話してくださいました。

    加瀬さんとも久々の再会でした。

    彼は喋っている言葉の何倍も
    何百倍も、目で語ってこられます。

    あぁ、だからこそ映画に愛されてるのかなぁ

    と思ったりしました。

    とにかく、目の奥の表情が本当に豊か。

    吉高さんは、とってもナチュラル
    (天然とも言う・・・笑)で、
    可愛かったなぁ。

    作品としては、伊坂幸太郎さんの小説が原作で

    もし、読まずに観るか、読んでからかを
    迷われている方は

    私は「読まずに観る」のをオススメします。

    本作は結末を知らずに観た方が
    面白いのと

    どうしても小説のディティールと見比べてしまう
    と思うので。

    やっぱりね、1冊の小説を2時間に収めるって
    至難の業、というか無理だと思うんですね。

    でも、ファンとしては「原作に忠実でいて欲しい」
    って思ってしまいがちでしょ(私だけ?)。

    今回は、そう考えてしまうと
    映画としての作品の良さが消されて
    しまうような気がするのです。

    という私の見解はあくまでご参考までに
    ご興味あればご覧になってみてくださいね。


    ちなみにトークイベントの最中、5人くらい
    私好みの可愛い女の子を見つけてしまいました。


    写真のポッキーは、アーモンド味。
    懐かしくなぁい?
    これは期間限定で発売されているもので
    2003年まで販売されていたんですって。

    近々、お仕事でポッキー少女とお会いします。
    うふふ、楽しみ。

    またご報告しますね。



    | cinemaあれこれ | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.kazumic.com/trackback/875947