SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

知ればマタタビ!行けよ猫道(ネコミチ)!

知れば人生やみつき!(=マタタビ)。我らが愛して止まない猫道とはコレ如何に!?
<< アン・アン・アン♪ | main | マダガスカル2 >>
祝雛祭り記念
0

    大人になって、良いことのひとつに

    お祝い事を自分で祝ってあげること

    が出来る、という事です。

    かつては、
    お雛様を飾ってもらったり

    ちらし寿司や雛祭りケーキを作ってもらう。

    その為には、”いいこ”にしてなくちゃ
    いけなかったのですが、


    どんなに悪い子、だらしのない態度だったとしても

    自分で「お祝いしちゃえ!」と思えば
    どれだけでも、勝手に自分を甘やかすことが
    できるということです。

    (ただし、自分にご褒美とお祝いは似て非なるもの。
    micは自分にご褒美というフレーズはめったに
    使わないのです、)

    というワケで、自分が女であるとうことを
    再認識するために、

    雛祭りを開催いたしました。

    お祝いアイテムは
    ジル・スチューアートのチーク。

    見た目は、ビビットな色合いだけれど
    つけると、ほんのり春色ピンク。

    チークブラシもチェーンでつながって
    ピンクのスワロフスキがくっついてて

    白雪姫のイジワル魔女並に
    鏡を見つめてしまいそうです。
    (鏡の自分ではなく、鏡自体を・・・)。


    こうして、micのほっぺは
    ひな祭りだったのでした。
    | 美容ビミョー?あれこれ | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.kazumic.com/trackback/840355