SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

知ればマタタビ!行けよ猫道(ネコミチ)!

知れば人生やみつき!(=マタタビ)。我らが愛して止まない猫道とはコレ如何に!?
<< ダイアモンド | main | ミルキーは入浴剤です >>
アカデミーSHOW
0

    先日、京都でお仕事があったので
    途中、芸能の神様で有名な車折神社に行きました。

    嵐山方面にあるのですが
    とても静謐で
    明らかに時間の流れが違うような・・・

    短い時間だったのですが、
    自分の心を見つめる貴重なひとときに
    なりました。

    帰りにお札を購入しました。

    「どこに貼ったら良いですか?」と
    聞いたところ

    「南を背に北」と言われたのか
    「北を背に南」と言われたのか

    どうしても思い出せず、まだ貼れていません(涙)。

    これって逆に貼ってしまった場合
    どうなるのでしょう・・・。

    お問い合わせしてみなくては。


    さて、アカデミー賞が発表されましたね。

    日本では「おくりびと」と「つみきのいえ」
    受賞の話が持ちきりですね。


    「おくりびと」は、私も以前ブログに書いて
    皆さんにもオススメしましたが

    受賞の際には、峰岸徹さんもきっと天国で
    喜ばれているだろうなぁ・・・と思いました。

    それから、本木さんのチェロ指導をなさった
    柏木広樹さんも喜ばれているだろうなぁ


    ・・・など、作品に関わっていらした知人の
    方々のお顔を想像していました。


    賞ってね、何かな?と思うんです。

    おそらく他にノミネートされた作品も
    素晴らしかったはずだし、

    賞とは関係なく

    その作品が、ある人間の人生を救ったとしたら

    それは賞を受賞するよりも
    価値があることなのではないだろうかと思ったり。


    ただ、賞を取ることで
    関わった全ての人たちの苦労が一層報われたり

    より沢山の方が作品を見てくださったり

    それで皆がよりハッピーになったら
    素晴らしいことなのかなぁと。

    個人的には、勝手に応援していた
    ケイト・ウィンスレットが受賞したことが
    とっても嬉しかった。

    今年は、例年とは違い
    ノミネートされた人々を、
    ハリウッドや各界を代表する俳優達が、
    彼らがいかに素晴らしいかを紹介し

    発表にいたる、という形式が

    非常に感動的でした。

    ケイトについては、昨年のアカデミー主演女優賞
    をとったマリオン・コティヤールが紹介していて

    その時のケイトの表情が、なんとも
    言葉では説明できない

    感動的な表情をしていて
    その後のスピーチもぐっと来ました。

    「乙女の祈り」のピーター・ジャクソンへの
    御礼やお世話になった監督の名前はもちろん

    2人の子供への愛情いっぱいで
    「あなたたちが取った賞なのよ」(確か・・・)
    と言っていて、もらい涙・・・。

    「愛を読む人」とても楽しみです。

    まだ書きたいけれど、とりあえずはここマデ。

    少し寒い日が続きますね。
    あったかくしましょうね。





    | cinemaあれこれ | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.kazumic.com/trackback/838479