SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

知ればマタタビ!行けよ猫道(ネコミチ)!

知れば人生やみつき!(=マタタビ)。我らが愛して止まない猫道とはコレ如何に!?
<< 放浪記からMINAMI WHEEL | main | 源氏キティ >>
酢スイーツとゴールド展
0

    先日、東京に訪れていたとき
    ”お酢”お使ったスイーツに出会いました。

    自由が丘にお店がある
    パティスリー スクウさんの
    黒ゴマ酢のシュウクリイム。

    頂いてみると・・・・
    「すっぱい!」(おちょぼ口)

    かと思いきや、


    「あ、黒ゴマ、そして酢!」

    という感じです。(?)


    「あら、いけるじゃないの。」と
    自由が丘マダム気分になれました。

    一瞬、「お酢なしの味も試してみたいわ」
    という思いが、ふと頭をよぎりましたが

    それでは、コンセプト台無しだと
    気づきました。

    他にも色々な酢を使ったスイーツが
    あったので、試してみたい所です。


    そして、「ゴールド展」@森美術館にも
    行ってきました。

    金の結晶や巨大な金塊、
    6世紀ペルーの花瓶、
    イランのイヤリング、
    ロシア皇帝ゆかりの秘宝


    ティファニーやカルティエ等老舗
    ジュエラーのゴールドコレクション

    と、金・金・金。

    成金気分ってこんな感じなのかしら?

    と、夢見心地で歩かせて頂きました。


    でも、一番、快感だったのは

    金貨が空から降ってくる”錯覚”に
    陥る空間でした。

    そこでは、私ひとりだったので


    思わずその空間で、
    ひとりタイタニックをしてしまいました。

    Dr.●パ先生の風水と並行して
    毎晩、このような金貨が降ってくる
    イメージトレーニングをすれば

    次の宝くじは間違いない、と
    確信いたしました。


    また、快感のあとには感動が。

    北島康介選手が北京オリンピック
    100m平泳ぎで獲得した金メダルが

    飾られていました。


    何度も何度もテレビで見たはずなのに
    実物を見ると

    「何も言えねえ・・・。」

    と言ってしまいそうになりましたが

    きっと

    数百万人の方が、コレを前にして
    つぶやいたに違いないと思うと

    喉から出かかった一言も
    思わず飲み込んだのでした。


    さらに、心震えたのは
    本物のオスカー像。

    以前、ロスに行った際には
    ”なんちゃってオスカー像”をお土産に
    買って帰ったものの

    周りには、失笑されるという
    悲しい出来事があったのですが

    いやはや、本物はやはり威厳がありました。

    これは「デッドマン・ウォーキング」の
    スーザン・サランドンがもらった物らしい
    (記憶が曖昧・・・)

    のですが、重厚感といい輝きといい

    コダックシアター前の売店で
    新聞紙に包まれるそれとは
    大きな隔たりを、この目で実感致しました。

    金メダルやオスカー像を見ていると

    これを獲得する為(それだけではないと
    思いますが)に費やした情熱や苦労を
    想像し、勝手に涙がでてくるという

    選手の周りにいる
    おせっかいな親戚のおばちゃんの
    気持ちになれたのも事実です。


    出口では、金塊のカタチをした
    ティッシュケースなどが売られていて

    思わず買ってしまいそうになりましたが

    ほんのわずか残っていた理性が

    なんとか私をやめさせました。

    金は人を惑わしますね。


    いつか

    「私は、金色のお月様を眺めているだけで
     充分なのよ。」

    と言える人間になりたいです。


    金色・・・・と聞いて、

    ホックホクのさつま芋を
    割ったときの、断面図

    を思い出してしまった私は
    庶民派なのでしょうか。




    | アートあれこれ | 06:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.kazumic.com/trackback/813063