SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

知ればマタタビ!行けよ猫道(ネコミチ)!

知れば人生やみつき!(=マタタビ)。我らが愛して止まない猫道とはコレ如何に!?
<< 泣きたい夜に | main | ブロードウェイ×2 >>
ウキウキ踊りたくなる理由
0


    昨日の続き、ね。

    「スウィング!」は、02年の来日時には
    ソールドアウト続出のブロードウェイ公演。

    内容は、
    1930年〜40年代のスウィング・ジャズの名曲を
    ふんだんに使ったレビュー形式のショーなのです。

    ダンサーは、2時間ノンストップで踊る踊る!

    舞台上のスウィング・バンドとボーカリストたちが
    スウィング・ジャズの名曲およそ40曲を披露。

    特に後半にかけての

    たたみかけるような歌とダンスは圧巻!でした。

    女性ダンサーがね、男子の頭の上でクルクルっと
    回っていたかと思うと、

    その男性の膝下から、スルスルっと出てきたりね。

    もうビックリですよ。

    ジャズにバレエに、タンゴやラテンの要素も
    あいまって、
    とにかく、踊る・踊る・歌って、踊ってくれる
    のです。

    きっと私より皆さん、年上・・・と思うのですけれど
    一切の疲れが見えない。
    (プロだから当たり前といえばそうなのだけど)

    終わった頃には、私までやたらにテンションが
    あがり、どこにぶつけていいのやら。

    とりあえず、スウィングしながら街を歩きました。
    (周りから見たらへんな人?)

    「スウィング」は、30、40年代にできた音楽。

    戦争や人種差別といった土壌から生まれ、
    その後黒人と白人が一緒に作っていった音楽だから、
    喜びや愛など全てが詰まっているのだそう。

    だからこそ

    何にも揺るがないほどの明るさと
    エネルギーを感じるのかも。


    そう考えると、人間はどんな状況にあっても
    明るさとパワーを持つことができるんだと

    勇気づけられます。


    勇気づけられるといえば、先日、

    にっこう社さんにお邪魔しました。

    この度の公演でのフライヤーやパンフレットを
    ご協力くださることになったのです。

    最初の頃なんて、
    パンフレットを公演前日の深夜
    コンビニで両面コピーなど、
    自分でやっていました。

    しかし、こうして回を重ねていくことで

    応援してくださる企業の方も現れて

    本当に勇気づけられます。

    勇気づけられて、食欲が増しそうです。


    美味しいお料理の話は、
    また今度にいたしましょう。

    朝晩涼しくなってきましたね。
    皆さん、お腹を冷やしたりしないで下さいね。


    | アートあれこれ | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.kazumic.com/trackback/799495