SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

知ればマタタビ!行けよ猫道(ネコミチ)!

知れば人生やみつき!(=マタタビ)。我らが愛して止まない猫道とはコレ如何に!?
<< 信じること、愛すること | main | 夕焼け >>
no title
0


    この秋、京都駅ビルで開催される
    「ラテンビート映画祭」に
    先駆けて

    本映画祭、プロデューサーの
    アルベルト・カレロ・ルゴ氏と
    対談させて頂きました!


    アルベルトさんは、7年目になる
    本映画祭の育ての親。

    ショートショート映画祭の審査員をはじめ
    NHKのスペイン語講座などにも携わったり
    CMにもご出演されていたりと

    (鈴木清順監督の「オペレッタ狸御殿」
    にも謎のポルトガル人役で登場!)

    日本が誇るスペイン人プロデューサー
    さんです☆

    対談の模様は

    今後、京都駅ビルほか、様々な場所で
    配布される冊子にてご覧頂くとして


    とにかく、本映画祭は
    注目作がいっぱいでした。

    「彼女を見ればわかること」の
    ロドリゴ・ガルシア監督の最新作や

    ディエゴ・ルナの監督作。

    10人の監督が
    「メキシコ革命」をテーマに撮った
    10本のオムニバス
    「レボリューションズ」
    ベルリン映画祭でも話題になったそう。


    他にもオリバー・ストーンの
    入魂政治ドキュメンタリーなど
    ほんとに粒ぞろい。

    京都駅ビルに、
    映画館ってあったかしら?

    と不思議に思う方も、大丈夫。

    とっても素敵なソファが並べられた
    映画館が京都劇場7Fに
    あるのです。

    この映画館では、
    ほかにも沢山の映画祭をなさって
    いるので、
    お近くの方はぜひ!

    京都駅ビルの清水さん、中島さん
    撮影中の私の猫トークを
    優しく見守っていてくださり
    ありがとうございました!

    アルベルトさんは
    昨年から猫を飼い始めたとのことで
    猫トークで盛り上がってしまいました。

    写真は、アルベルトさんと。
    アルベルトさんメインです(笑)

    | 猫(ねこ)り言 | 07:31 | - | - | - | - |