SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

知ればマタタビ!行けよ猫道(ネコミチ)!

知れば人生やみつき!(=マタタビ)。我らが愛して止まない猫道とはコレ如何に!?
<< no title | main | no title >>
信じること、愛すること
0


    またしばらく
    ご無沙汰してしまって
    ごめんなさい。


    お元気ですか?


    先日は、サッカー。
    PK戦までもつれこみましたね。


    って、また情報遅っ。

    あの日は
    23時頃(アバウトな・・・)の開始だったにも
    かかわらず、

    私はベッドの中におりまして
    (あの、朝4時起きだったからっ、ねっ)

    またもや世間から外れた
    行動をとっていたのですが


    またもや!
    2時過ぎにパチっと
    目が覚めまして

    テレビをつけたら
    PK戦で、ラスト2人、という
    クライマックスシーンでした。


    私は、映画館の中で
    上映中、あまりに眠くて
    寝てしまったとしても

    ラストの盛り上げる直前には
    パッと目が覚める
    という特技(能力?)があるのですが


    それと何か関係あるのかな?


    それはともかく

    サッカーの試合をはじめ、

    きっと皆さん、様々な願いが
    あると思います。


    今日は、七夕。

    織姫と彦星がほにゃらららら。


    私ね、最近よく感じるのですが

    信じること。

    愛すること。

    って、「力」だと思うんです。

    体力や脚力、腕力と一緒。

    自分が持っている本来の力、

    であり、

    それは鍛えられるもの、

    なのではないかと。


    たとえばね

    「もうあの人を愛せなくなった」

    とか

    「自分の事が信じられない。」


    なんて言っちゃう時があるでしょ。

    私は、あったんですね。

    一瞬、何だか他人事に
    聞こえちゃいますね。


    でも、それって

    自分がやめちゃったんです。

    愛することを。

    信じることを。


    「違う、あの人が私を裏切ったから!」

    というお返事があるかも
    知れません。


    それは、

    その人が裏切った、

    というよりは、

    その人はそういう人で

    自分が、自身の信じる力で
    その人を信じていたのではないかしら?


    だから、

    たとえ裏切られても

    まだ信じる力があれば

    信じ続けることも出来るわけで、

    「もう信じられない!」

    と思うのは、

    相手のせいではなく
    自分にその力が無くなったのですね。


    その事が

    いいか、悪いか、は別です。

    騙され続けているのに
    信じ続けるのは

    私は違うな〜と思うから。

    力を間違って
    使っちゃってるなぁ
    と感じます。


    つまり、

    何が言いたいかといいますと

    七夕でお願いを書きますね。

    「○○できますように。」
    「○○さんと結婚できますように。」

    願うことは
    信じること。

    信じることは
    どんな事があっても
    信じ続けること。

    乗り越えられないと思っても
    それでも信じること。


    それは、その人の力です。

    信じられない、
    愛せない

    なんて簡単に口に出しちゃだめ。

    とことん

    信じる努力をして

    とことん

    愛の行動を起こして

    そこまでしてもダメなときには
    何か違う、

    今度はまた別の
    信じられることが
    見つかっているような気が
    するのです。


    だから、

    心だって、

    体力や筋力や腕力みたいに
    毎日、鍛えることが大切で

    ほったらかしにしていては
    いけないんのよねって

    思うんです。


    織姫&彦星は

    1年に1度の出逢い。

    かつてはロマンチックだなぁと
    思っていましたが

    今となると

    織姫:「あ〜、彦星さん、お腹出てたら
        ちょっとガッカリだな〜。
        1年ごとにビール体型になってる気が・・」

    彦星:「10年前は、もっと織姫も
       お肌ぷりぷりだったけど
       やっぱり年重ねるごとに
       お肌の衰えはごまかせへんよね〜。
       それで嫌いになるワケじゃないけど。」


    とか思ったりするのかなぁ、
    とリアルな現実を想像してしまいます。

    今年は沢山、星が光って、
    星がレフ板(光を飛ばしてお肌を綺麗に
    見せる道具)の代わりを果たしますように♪


    写真は、お友達が
    結婚式の写真を送って
    くれました。

    見てるだけで
    幸せになれます。

    | 猫(ねこ)り言 | 13:04 | - | - | - | - |